コラム

第2回 BUSOLA Sign-ECO スマートバス停(電子ペーパーディスプレイ採用ソリューション)

テクノロジーにおいては永続的ではなく常に変化することが、新しい可能性の発見につながります。MaaS (Mobility as a Service)の動きが世界的に高まり、すべてのものが繋がる時代がもうそこまで来ているのです。

弊社Busola sign (バソラサイン)は、その流れに貢献するソリューションです。カスタマーエクスペリエンス(顧客の体験における満足度)を改善し、バス停の新しい価値を見出します。管理サーバーとLTEでつながれるので、例えば、バスロケーションシステムと繋がれば、遅延などの運行情報はもちろん、広告や緊急災害情報などもリアルタイムに提供することができます。また、バス事業者様の作業負担となっている時刻表変更も、時刻表の管理システムやPCとつながれば、全バス停分をワンクリックで変更することができます。

またBusola Signのユニークな点として、表示板に電子ペーパーディスプレイ(EPD)を採用していることが挙げられます。EPDの優れた点は、低消費電力にあります。通常のディスプレイはバックライトが必要ですが、EPDには必要ありません。紙と同じコントラストと反射率があるので環境光さえあれば見ることができます。また、表示内容を変更する時のみ電力が必要で、コンテンツ表示中は無電力で内容を保持することができます。欧米ではECOプロダクトとして、その価値が大きくクローズアップされているEPD。今後大きなトレンドになることは間違いないでしょう。

Busola Signはソーラーパネルやバッテリー対応も可能(オプション)ですので、電力のない場所や災害時にその機能を発揮します。

MaaSソリューションページはこちら
EPD製品ページはこちら
本製品のお問い合わせはこちらからどうぞ。