アプリケーション

接触感染リスクを下げる【バス運転席プロテクションモニター】

新型コロナ感染症パンデミックにより、ロックダウンや緊急事態宣言など、世界は同時期に「移動」が制限されました。
そのような危険がある状況においても、エッシェンシャルワーカーと呼ばれる医療従事者や、介護関係者、配送業者などの物流に関わる方たち、社会生活を維持するために従事してくださっている方たちの移動は、止めることはできません。

政府や公共交通機関事業者は、様々な対策を取っています。例えば、バス運転手と乗客の接触機会を減らすために、前方ドアの乗降を禁止され、中・後方のドアのみを使用することが徹底されました。また、ドライバーにはフェイスシールド(またはマスク)と、手袋の着用が義務付けられました。(参照: Transportation Response Center)

このように移動に伴う感染リスクは、今後も続く可能性が各国で示唆されています。

ディサインでは、ガラス一体型サイネージを採用したプロテクションディスプレイをご提案しています。

プロテクションガラスモニター
(製品イメージ)

  • バス運転手の接触機会を減らし、飛沫感染などのリスクから守ります。
  • プロテクションガラスには透明ディスプレイが組み込まれており、リアルタイムの交通情報や天気予報などが提供されます。
  • ガラス越しに運転席が見えるので乗客への圧迫感を減らすことができ、サービス提供に影響を与えません。

プロテクションガラスモニター
(製品イメージ)

強化ガラスボンディング技術で、振動にも耐え得る堅牢設計。ガラスにディスプレイを直接組み込みますので、バックライト輝度も抑えることができ、放熱のファンなども不要なため、省電力で稼働します。

ガラスを支えるだけで設置が可能ですので、使用車両への設置も可能です。
(仕様等については開発費が発生いたします。)

本製品のお問い合わせはこちら

ディサイン_ロゴ ディサイン株式会社|
産業用LCD, EPDのインテグレーションサービス。ユニークかつ先進的な技術で、鉄道・船舶・カジノなどニッチな市場において、その豊富な実績と経験から様々なプロフェッショナルニーズに貢献しています。

アプリケーション

EPDで教育現場のコミュニケーションを上げる

教育の現場は、常に最新のソリューションで満たされることが期待されています。リモートによる学習スタイルが定着しつつある状況において、広い構内の利用方法はどのように変化していくべきでしょうか。人と人が1対1、複数人で集まり直接会話を楽しむ、ディスカッションできる、共通体験できるなどが、一種のステイタスになるとさえ言われていますが、そのようなリアルなコミュニケーション環境を作り出せる大学構内において、話題を提供するソリューションは、非常に注目を集めることになるでしょう。

電子ペーパーディスプレイ(EPD)を採用したコミュニケーションバーは、そのような新しいライフスタイルや教育ニーズに応え得るソリューションです。

コンテンツ管理システム(CMS)によって、ブラウザ経由でホットな情報をEPDに掲載することができます。

CMS操作手順は、非常にシンプルです。

  1.  画像タイプを選択し、コンテンツをアップする。(※画面イメージです)
  2.  どの端末を利用するか選択する。1台のみ、複数台、エリアごとなど、コンテンツのニーズによって表示端末を選択することができます。
  3.  コンテンツの表示スケジュールを設定する。(※画面イメージです)

EPDは、表示コンテンツを変更する際のみ電力が必要です。無電力で画面内容を保持できることから、USやヨーロッパでは、サステナブルディスプレイ、つまり環境にやさしい次世代のツールと呼ばれています。

「必要な話題を、必要な人」に届ける新しいメディアとして、EPDコミュニケーションバーを是非ご活用ください。

本製品のお問い合わせはこちら

 

ディサイン_ロゴ ディサイン株式会社|
産業用LCD, EPDのインテグレーションサービス。ユニークかつ先進的な技術で、鉄道・船舶・カジノなどニッチな市場において、その豊富な実績と経験から様々なプロフェッショナルニーズに貢献しています。

アプリケーション

施設管理ツールをIoT化 EPDルームサイン

広大な敷地面積をもつ大学や、病院、大型ビルなど建物の部屋数や設備は多数多様であり、都度変化するニーズに応える必要があります。最近では、部屋の予約情報などシステムで管理されるようになり、以前のアナログ対応時に比べ労力も軽減されていますが、管理範囲は未だ限定的です。

例えば、部屋入り口のルームサインは、未だIoT化されていない部分の一つです。
今回は、電子ペーパーディスプレイ(EPD)を採用したルームサインアプリケーションをご紹介します。

EPDルームサインの特長

  • リアルタイムで使用状況が把握できる。
  • エネルギーコストの削減。
  • 緊急時にも対応
  • 大がかりな工事は不要。

【リアルタイムで部屋の使用状況が把握できる。】
各EPDルームサインは、LTEによってサーバーにつながります。予約管理システムなどと連携すれば、リアルタイムに現在のステイタスを表示するさせることが可能です。1台のみ、全端末、またはエリアごとに表示させるなど指定して表示させることができ、コンテンツ管理が非常に簡単になります。

【エネルギーコストの削減。】
例えば大学であれば、1講義90分として、1部屋1日に6講義が行われるとします。このケースであれば、表示変更回数は、多くて1日10回程度であり、頻繁に更新する必要がないと言えます。その場合に、例えば液晶モニターであれば、内容を表示させるためにほぼ一日中電力供給が必要です。しかし、EPDの場合は、表示を変更する時以外は電力を必要としません。一度内容を更新してしまえば、無電力で次回の変更時まで表示内容を保持することが可能です。

【緊急時にも対応】
通常は、部屋の使用状況や講義内容、また次回の予約状況などを表示しますが、緊急時には、地震速報や気象情報なども表示させることが可能です。電力を必要とするモバイルやスマートフォンは、緊急時の使用をできるだけ控えなければなりませんが、EPDは低消費電力であるため、サーバーから情報を提供し続けます。

【大がかりな工事は不要。】
薄型軽量でバッテリー駆動も可能※なので、大掛かりな工事は要らず壁に掛けるような形状も可能です。(※コンテンツの表示変更回数によります。)

本製品のお問い合わせはこちら

 

ディサイン_ロゴ ディサイン株式会社|
産業用LCD, EPDのインテグレーションサービス。ユニークかつ先進的な技術で、鉄道・船舶・カジノなどニッチな市場において、その豊富な実績と経験から様々なプロフェッショナルニーズに貢献しています。

アプリケーション

デマンドバスをもっと身近に

デマンドバスをご存知でしょうか?

国内での定義は、
「定まった路線を走るのではなく,利用者の呼出しに応じることにより適宜ルートを変えて運行されるバスのこと」(ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の参照)なのだそうです。

運行方式は、以下のようなものがあるようです。

  1. 定路線型 ⇒ 路線バスやコミュニティバスのように、所定のバス停等で乗降を行うが、予約があった場合のみ運行するスタイル。
  2. 迂回ルート・エリアデマンド型 ⇒ 通常は定路線を運行するが、予約に応じて他のバス停等まで迂回する運行するスタイル。
  3. 自由経路ミーティングポイント型 ⇒ 運行ルートは定めず、予約に応じて所定のバス停等の間を最短経路で運行するスタイル。
  4. 自由経路ドアツードア型 ⇒ 定路線やバス停等を設けず、指定エリア内で予約があったところを巡回する運行スタイル。

デマンドバスの導入は以下のような、利点が考えられています。

  • 利用者がいない停留所を経由しないことから、運行の効率化と経費節減につながる。
  • バス停までの歩行距離を短くすることができ、利用者の負担を軽減し、利用を促すことができる。

しかしながら、導入に至らないケースの問題を調べてみると

  • 事前に予約(電話など)が必要となり、ふと思いついた時に利用できる気軽さがない。
  • 予約に応じるために必要な施設やオペレータ、また運行経路のコントロールなど経費がかかる。
  • 目的地までの所要時間が、他の利用者の都合によって変わることがある。
  • 利用者が地域住民に限定される。帰省客や観光客などの不特定多数の人々の利用は難しい。

と、運行オペレーションが課題となっているようです。

そこで、ディサインでは、以下のような、EPD(電子ペーパー)やLCDを使った運用システムをご提案しております。

STEP 1:  「バススポット」と呼ぶ各バスの立ち寄り所に、EPD/LCDを設置。LTEでバス事業社様のサーバーとつながります。
STEP 2:  バススポットのEPD/LCDを介して利用者からの呼び出しがあった場合、瞬時に運行中のバスと情報を共有し、その場に立寄れるバスを選定します。
STEP 3:  その後、立寄れるバスの情報がEPD/LCDへ表示されます。

 

(左:EPDコンテンツイメージ、右:LCDコンテンツイメージ)

上はタッチパネルを装着したもののコンテンツイメージです。
事前に予約は不要、運行中のバスのリソースを最大限に活用する方法としていかがでしょうか?

本製品は、ソーラーパネル(オプション)でも動作しますので、電源が取れない場所の設置も可能です。繁華街や主要道路路線のバス停とは異なり、住宅密集地や地域の公民館、スーパーや公園前など、地域のランドマーク的な場所にも最適です。

 

本製品のお問い合わせはこちら

 

ディサイン_ロゴ ディサイン株式会社|
産業用LCD, EPDのインテグレーションサービス。ユニークかつ先進的な技術で、鉄道・船舶・カジノなどニッチな市場において、その豊富な実績と経験から様々なプロフェッショナルニーズに貢献しています。

アプリケーション

地域情報掲示板の開発について

弊社ディサインは、昨年2019年からBusola(スマートバス停ソリューション)の開発を進めてまいりました。バスロケーションシステムや、電子ペーパーディスプレイ(EPD)の開発は、そのデータ通信技術やEPDの低消費電力などの利点を、様々なシーンで活用できることを知ることになりました。

例えば、災害時や緊急事態では、人はフェイクニュースやデマなどに翻弄されやすいことが知られています。情報の配信元が分かる信頼性の高い情報が不可欠です。また災害時の限られた電力においては、スマホやモバイルで情報を取りに動くことは難しく、自動的に情報を受ける・確認できるシステムが必要です。

そのようは緊急時に貢献させていただきたいのが、弊社EPDシステムを利用した「地域密着型掲示板」です。
通常は地元に密着した情報などを提供しますが、緊急時電力供給が途絶えた場合はバッテリー駆動に自動的に切り替わります。スマホやモバイル、PCディスプレイは、常に電力供給がなければ表示することはできませんが、EPDは電力が必要なのは表示内容を変更する時のみ、しかも無電力で画面表示を保持して表示させせることができるので、バッテリーの消耗を抑えることができます。LTE通信が可能ですので、信頼性のある情報元から災害情報を的確に受信し表示します。

マンションの掲示板や地域の集会所、公民館、または避難所になる学校などへの設置をお勧めしています。

Busolaは地域の環境データを集積することもできます。例えば、PM2.5の飛散状況や冠水情報など、設置しているバス停のロケーション毎にデータを集積し解析すれば地域全体のデータを取ることが可能です。(別のコラムで詳細をお伝えしたいと思います。)

本製品のお問い合わせはこちら

 

ディサイン_ロゴ ディサイン株式会社|
産業用LCD, EPDのインテグレーションサービス。ユニークかつ先進的な技術で、鉄道・船舶・カジノなどニッチな市場において、その豊富な実績と経験から様々なプロフェッショナルニーズに貢献しています。